新卒採用に強い!人事・人材採用担当者を支援する求人サポートサービス「人事部長.com」は、 新卒採用に必要な学内合同説明会・学内合同面接会や交流会などを行う【求人・人材採用のワンストップ支援サービス】です。
お気軽にお問い合わせください。
0120-980-939
受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

とにかく毎日社員のお給料や新しく採用する人にかかるお金の事で頭がいっぱい!

社員を雇うのに初期費用がとにかくかかります。
一人頭70万~200万円くらいはざっとかかります。
毎月のお給料や社会保険料の支払いもあり、人事担当者の悩みは尽きません。

こんなに経費をかけたのに蓋を開けたら思っていた人材と違う・・・。
なんて事もしばしばあります。

人を採用するのは本当に難しいです。

今回は人事担当者数名に集まってもらい、今抱えている悩み、大変だと感じる事、やりがいなどを話してもらいました。

他の部署にはなかなか言えない、人事のホンネ、悩み

【人事の悩み】

欲しい人材のミスマッチに関しては多くの人が首を縦に振っていました。
各社欲しい人材の確保には苦戦しているのが現状のようです。
人を一人採用するのに経費がかかる以上、欲しい人材のミスマッチは極力なくしていきたいですね。

また、人事採用担当者は人事だけでなく経理やその他の雑用もこなしている人もいて、多忙過ぎる!との意見も。
このあたりは会社の規模や方針によっても大きく違ってきそうなところではありますが、経営に関われるという点で、よりやりがいを感じる方もいるようです。

【人事の仕事の厳しさ、難しさ】

人事採用は人の人生を決める仕事でもあります。
よく見極めて決めるので人を見る目が養われるという意見もありました。

【今後やってみたい事】

様々な制度を利用して、採用を通して会社に貢献していきたい、という意見が多く見受けられました。
また、社員の方が働きやすいよう社員食堂の充実や各種福利厚生を整えていきたいといった意見も出ました。

【やりがい】

他の部署に比べ、多くの社員や学生に出会え、刺激がある部署でもあります。
また、採用した学生が1年、2年と仕事をこなすうちに成長していく姿を見る事ができる事が喜びという意見もありました。
「採用してくれてありがとうございます。」と言われる事も少ないようです。

人事の1日のスケジュールを聞いてみた!自分の会社とどう違う!?

Aさん(29歳)の1日のスケジュールを教えてもらいました。
毎日違った仕事をしているから固定のスケジュールはないとの事ですが、ざっくりこんな感じだそうです。

10:00

出社、朝礼なし。

登録している求人サイトの管理
(メール、編集等)

12:00-13:00

昼食
(他の部署の人と食べたり出先で食べたりします)

13:00

面接の段取り、スケジュール調整、社内関連の書類づくり

14:00

ハローワークへの書類作成、雑用、面接があれば面接
ハローワークへ用事があれば行く

17:00

残りの仕事を片付ける

18:00

退社、残業があれば少し残る

人事の仕事は毎日のルーチンワークというよりは面接や説明会がある日は面接や説明会で1日が終わったり、ハローワークへ出向く時もあったり様々です。
社員のみんなが働きやすいよう環境を整える事も仕事内容の一部です。

まとめ

人事担当者は考える事が多く、会社によっては経営にかなり近い仕事までこなす人もいます。
今回「人事のホンネ」では金銭に関する悩みが多く見られました。

採用担当者同士でしか打ち明けられない悩みや不安もあると思います。

横の繋がりを作ることで悩みが解決したり、今後のキャリア形成の参考になる事もあります。
担当者交流会などのイベントの場で横の繋がりも大切にしていきたいですね。

このブログの著者

人事部長

このお知らせの著者

人事部長
人事部長
ブログ一覧